『この世界の片隅に』を定額見放題で観れる動画配信サービスはどこがあるの?無料で視聴できる方法も紹介します!

『この世界の片隅に』は無料で見放題できる?あらすじ・見どころもまとめました! 2018年代

『この世界の片隅に』は、2018年7月15日から2018年9月16日までTBS系列の「日曜劇場枠」で放送された松本穂香松坂桃季がW主演したドラマです。


ぼっち
ぼっち

こうの史代による日本の漫画が原作。2011年に日本テレビ系列でテレビドラマ化され、2016年には片渕須直監督によって劇場アニメーション映画化された作品だよ。


このページでは、『この世界の片隅に』を定額見放題で観れる動画配信サービス無料で視聴できる方法を紹介します!



『この世界の片隅に』を動画で見る前に!DVD発売はされているの?

『この世界の片隅に』 は、2019年2月13日にDVD、ブルーレイが発売されています。


『この世界の片隅に』はDVDやブルーレイでも見れますが、いつでもどこでも視聴可能な動画配信サービスの利用がおススメ。


YouTube(ユーチューブ)、Dailymotion(デイリーモーション)、Youkuなど動画投稿サイトなどで無料で作品を観ることは可能ですが、 許可なくアップロードされた動画は違法。
違法でアップロードされた動画はウィルスに感染されている場合があり、高画質で安全に観るには動画配信サイトがオススメです。


『この世界の片隅に』が見放題で視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金無料期間配信状況
アマゾンプライムビデオ500円(税込)30日間配信中
ビデオマーケット980円(税別)初月
×
U-NEXT 1,990円(税別)
31日間配信中
Hulu1,026円(税込)2週間配信中
dTV 540円(税込)31日間 ×
TSUTAYA TV1,026円(税込)30日間 ×
TELASA(テラサ)562円(税別)15日間 配信中
FODプレミアム888円(税別)2週間 ×
Paravi1017円(税込)2週間配信中
NETFLIX(ネットフリックス)990円(税込)~なし ×
TVer無料
× ×

2019年12月17日現在の情報です。


ぼっち
ぼっち

『この世界の片隅に』は、アマゾンプライムビデオ(Amazon Prime Video)U-NEXThulu(フールー)TELASA(テラサ)Paravi(パラビ)の見放題で最初から最後まで観ることができるよ♪


本、音楽、動画を楽しみたいあなたは「アマゾンプライムビデオ」

アマゾンプライムビデオを観るには、アマゾンプライム会員にならないといけませんが、音楽、本の読み放題や送料無料など、アマゾンの様々なサービスを利用できます。オリジナルの国内テレビドラマも多く、地上波では見れない作品が視聴できます。


『この世界の片隅に』(アマゾンプライムビデオ)のページはこちら

※本ページの情報は2019年12月17日時点のものです。最新の配信情報は「アマゾンプライムビデオ」のサイトでご確認ください。

アマゾンプライムビデオのポイント

・月額プラン 500円(税込)、年額プラン 4,900円(税込)
⇒年額プランは月換算すると408円と安くなります
・登録から30日間無料
⇒新規登録すると、30日間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約300コンテンツ
・アマゾンのプライム会員特典が無料で利用できる



漫画や雑誌も見たい!というあなたには「U-NEXT」

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べると少しお高めですが、国内ドラマ以外にも映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティなど120,000コンテンツ以上の動画を配信しています。
30万作以上のマンガ・書籍も配信しており、70誌以上の雑誌が追加料金なしで読み放題で利用できます。


『この世界の片隅に』(U-NEXT)のページはこちら

※本ページの情報は2019年12月17日時点のものです。最新の配信情報は「U-NEXT」のサイトでご確認ください。

U-NEXTのポイント

・月額 1,990円(税別)
登録から31日間無料
⇒新規登録すると、31日間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約400コンテンツ
・登録時に600ポイント、登録月内に600ポイント、合計1200ポイントもらえるのでポイントで見放題以外の新作映画や漫画を読むことができます。
・70誌以上の雑誌が読み放題で見ることができます。



日本テレビ系列のドラマ、バラエティを楽しみたい!というあなたには「hulu(フールー)」

hulu(フールー)では、映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティなど約50,000コンテンツ以上の動画を配信しています。日本テレビと提携しているので、日本テレビ系列のテレビドラマが充実しています。他の動画サービスでは見放題プラン以外の作品もありますが、hulu(フールー)で配信されている動画は全てが見放題です。


『この世界の片隅に』(hulu(フールー))のページはこちら

※本ページの情報は2019年12月17日時点のものです。最新の配信情報は「hulu(フールー)」のサイトでご確認ください。

hulu(フールー)のポイント

・月額 1,026円(税込)
登録から2週間無料
⇒新規登録すると、2週間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約400コンテンツ以上
・日本テレビ系列の番組が充実している



映画館によく行く!というあなたに「TELASA(テラサ)」

TELASA(テラサ)では、映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティなど約10,000コンテンツ以上の動画を配信しています。auユーザー以外の方でも利用可能で、登録すると映画館の料金が割引になるサービスを利用できます。


『この世界の片隅に』(TELASA(テラサ))のページはこちら

※本ページの情報は2019年12月17日時点のものです。最新の配信情報は「TELASA(テラサ)」のサイトでご確認ください。

Telasa(テラサ)のポイント

・月額 562円(税別)
登録から15日間無料
⇒新規登録すると、15日間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約150コンテンツと少ない
・毎月550コインもらえるので、見放題以外の新作映画が視聴できる



TBS系、テレビ東京系のドラマ・バラエティを楽しみたい!というあなたには「Paravi(パラビ)」

Paravi(パラビ)では、国内テレビドラマ配信数は約600コンテンツで、TBS系、テレビ東京系、WOWOWドラマのコンテンツが充実しています。70年代から現在放送中のドラマまで幅広いラインナップが特徴です。


『この世界の片隅に』(Paravi(パラビ))のページはこちら

『この世界の片隅に ディレクターズカット版』(Paravi(パラビ))のページはこちら

※本ページの情報は2019年12月17日時点のものです。最新の配信情報は「Paravi(パラビ)」のサイトでご確認ください。

Paravi(パラビ)のポイント

・月額 1,017円(税込)
登録から2週間無料
⇒新規登録すると、2週間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約600コンテンツ
・Paraviベーシックプラン加入者に毎月1枚「優待チケット」がプレゼントされ、毎月300円(税別)以内の有料コンテンツが1話無料で観れます。
・Paravi(パラビ)独占のオリジナルコンテンツが観れる。
・TBS、テレビ東京、WOWOWのコンテンツが充実している。



『この世界の片隅に』ってどんなドラマ?あらすじとキャスト・スタッフ

『この世界の片隅に』の紹介

太平洋戦争の最中、広島県の江波えばから呉くれに嫁いだヒロイン・すずが、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常を丹念に描いていく。日本が泥沼の戦争に突き進んでいく中、戦場でない場所では、市井の人々の“普通”の暮らしがそのまま続いていた。物資が不足し、家族や友人たちが戦場に送られていく。そんな不安と闘いながらも、前向きに、そして健気に日々を生きるすずの姿は、閉塞感や生きづらさを感じつつも“今”を懸命に生きる全ての人と重なっていく。

出典:『この世界の片隅に』公式HP


『この世界の片隅に』のキャスト・スタッフ

キャスト

北條(浦野)すず:松本穂香 (幼少期:新井美羽)
北條周作:松坂桃李
水原哲:村上虹郎 (幼少期:今井暖大)
刈谷幸子:伊藤沙莉
浦野十郎:ドロンズ石本
浦野すみ:久保田紗友 (幼少期:野澤しおり)
堂本美津:宮地雅子
堂本春夫:毎熊克哉
知多ハル:竹内都子
憲兵:川瀬陽太
白木リン:二階堂ふみ
成瀬:篠原篤
浦野要一:大内田悠平
黒村久夫:大山蓮斗
黒村晴美:稲垣来泉
黒村径子:尾野真千子
節子の実母:安藤輪子
刈谷武:山本圭祐
刈谷タキ:木野花
堂本安次郎:塩見三省
北條円太郎:田口トモロヲ
浦野キセノ:仙道敦子
北條サン:伊藤蘭
森田イト:宮本信子
近江佳代:榮倉奈々
江口浩輔:古舘佑太郎
北條節子:香川京子


キャスト

原作:こうの史代『この世界の片隅に』
脚本:岡田惠和
音楽:久石譲



『この世界の片隅に』のおすすめポイント

TBSドラマ版独自のオリジナルストーリーあり♪

一番のおススメは劇場アニメーション映画で、基本はアニメに忠実に作られているけど、TBSドラマ版だけのオリジナルストーリーが良い味を出している。

ただ、戦前戦後の広島の世界観ができあがっているのに、途中にちょこちょこと入ってくる現代パートが完全に蛇足になっているのが残念。

TBSドラマだけど、“朝ドラ”の雰囲気を醸し出しているのは脚本家が岡田恵和だから。

戦時下の大変な状況の中でも、絶え間ない笑顔と、互いを思いやる心遣いなど、人々が切磋琢磨に生きる姿に感動する。



『この世界の片隅に』のTwitterでのみんなの反応





ぼっち
ぼっち

ほかにも気になる作品があれば、動画配信サービスでの視聴はおススメですよ♪
以上、『この世界の片隅に』の紹介でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました