『dele(ディーリー)』を定額見放題で観れる動画配信サービスはどこがあるの?無料で視聴できる方法も紹介します!

『dele(ディーリー)』は無料で見放題できる?あらすじ・見どころもまとめました! 2018年代

『dele(ディーリー)』は、2018年7月27日から2018年9月14日までテレビ朝日系列の「金曜ナイトドラマ」枠で放送された山田孝之菅田将暉がダブル主演したドラマです。


ぼっち
ぼっち

小説家・推理作家の本多孝好による小説&テレビドラマで展開するミックスプロジェクトをドラマ化した作品。本多孝好の原案を元に、“相棒シリーズ”の脚本家や様々な映画監督などが参加しているんだよ♪


このページでは、『dele(ディーリー)』を無料で見放題できる視聴方法、あらすじ・見どころなどをまとめました!



『dele(ディーリー)』を動画で見る前に!DVD発売はされているの?

『dele(ディーリー)』は、2019年1月30日にDVD、ブルーレイが発売されています。


『dele(ディーリー)』はDVDやブルーレイでも見れますが、いつでもどこでも視聴可能な動画配信サービスの利用がおススメ。


YouTube(ユーチューブ)、Dailymotion(デイリーモーション)、Youkuなど動画投稿サイトなどで無料で作品を観ることは可能ですが、 許可なくアップロードされた動画は違法。
違法でアップロードされた動画はウィルスに感染されている場合があり、高画質で安全に観るには動画配信サイトがオススメです。


『dele(ディーリー)』が見放題で視聴できる動画配信サービス

サービス名月額料金無料期間配信状況
アマゾンプライムビデオ500円(税込)30日間 ×
ビデオマーケット980円(税別)初月
×
U-NEXT 1,990円(税別)
31日間配信中
Hulu1,026円(税込)2週間配信中
dTV 540円(税込)31日間配信中
TSUTAYA TV1,026円(税込)30日間 ×
TELASA(テラサ)562円(税別)15日間 配信中
FODプレミアム888円(税別)2週間 ×
Paravi1017円(税込)2週間 ×
NETFLIX(ネットフリックス)990円(税込)~なし配信中
TVer無料
× ×

2020年5月15日現在の情報です。


ぼっち
ぼっち

『dele(ディーリー)』は、U-NEXThulu(フールー)dTVTelasa(テラサ)(NETFLIX(ネットフリックス)の見放題で最初から最後まで観ることができるよ♪


漫画や雑誌も見たい!というあなたには「U-NEXT」

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べると少しお高めですが、国内ドラマ以外にも映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティなど120,000コンテンツ以上の動画を配信しています。
30万作以上のマンガ・書籍も配信しており、70誌以上の雑誌が追加料金なしで読み放題で利用できます。


『dele(ディーリー)』(U-NEXT)のページはこちら

※このページの情報は2020年5月15日時点のものです。最新の配信情報は「U-NEXT」のサイトでご確認ください。

U-NEXTのポイント

・月額 1,990円(税別)
登録から31日間無料
⇒新規登録すると、31日間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約400コンテンツ
・登録時に600ポイント、登録月内に600ポイント、合計1200ポイントもらえるのでポイントで見放題以外の新作映画や漫画を読むことができます。
・70誌以上の雑誌が読み放題で見ることができます。



日本テレビ系列のドラマ、バラエティを楽しみたい!というあなたには「hulu(フールー)」

hulu(フールー)では、映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティなど約50,000コンテンツ以上の動画を配信しています。日本テレビと提携しているので、日本テレビ系列のテレビドラマが充実しています。他の動画サービスでは見放題プラン以外の作品もありますが、hulu(フールー)で配信されている動画は全てが見放題です。


『dele(ディーリー)』(hulu(フールー))のページはこちら

※このページの情報は2020年5月15日時点のものです。最新の配信情報は「hulu(フールー)」のサイトでご確認ください。

hulu(フールー)のポイント

・月額 1,026円(税込)
登録から2週間無料
⇒新規登録すると、2週間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約400コンテンツ以上
・日本テレビ系列の番組が充実している



画質は少し落ちるけど、月額500円という安さ!「dTV」

dTVは、映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティなど約120,000コンテンツ以上の動画を配信しています。オリジナル番組が充実しており、オリジナルの国内テレビドラマも多く、地上波では見れない作品が視聴できます。ドコモ会員以外の人でも利用可能です。


『dele(ディーリー)』(dTV)のページはこちら

※このページの情報は2020年5月15日時点のものです。最新の配信情報は「dTV」のサイトでご確認ください。

dTVのポイント

・月額 500円
登録から31日間無料
⇒新規登録すると、31日間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・全コンテンツは多いが、国内テレビドラマ配信数は約150コンテンツと少ない。
・dTVでしか観れないオリジナルコンテンツがある。



映画館によく行く!というあなたに「Telasa(テラサ)」

Telasa(テラサ)では、映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティなど約10,000コンテンツ以上の動画を配信しています。auユーザー以外の方でも利用可能で、登録すると映画館の料金が割引になるサービスを利用できます。


『dele(ディーリー)』(Telasa(テラサ))のページはこちら

※このページの情報は2020年5月15日時点のものです。最新の配信情報は「Telasa(テラサ)」のサイトでご確認ください。

Telasa(テラサ)のポイント

・月額 562円
登録から30日間無料
⇒新規登録すると、30日間の無料お試し期間がつき、無料で動画を視聴できます。
・国内テレビドラマ配信数は約150コンテンツと少ない
・毎月550コインもらえるので、見放題以外の新作映画が視聴できる



世界&国内のオリジナルコンテンツを楽しみたい!というあなたには「NETFLIX(ネットフリックス)」

NETFLIX(ネットフリックス)は、全世界で1億人を超える人が加入する動画配信サービス。各国でオリジナル映画やドラマが製作されており、ここでしか観れないドラマが数作品ある。ただ国内ドラマは少ないので、他の動画配信サイトに比べると物足りなさを感じます。


『dele(ディーリー)』(NETFLIX(ネットフリックス))のページはこちら

※このページの情報は2020年5月15日時点のものです。最新の配信情報は「NETFLIX(ネットフリックス)」のサイトでご確認ください。

NETFLIX(ネットフリックス)のポイント

・月額 990円(SD)、1,490円(HD)、1,980円(4K) 
※画質と同時視聴可能なデバイス数で料金が分かれている

※すべて税別
・国内テレビドラマ配信数は他の動画配信サイトと比べると少ない
・オリジナル番組が充実しており、ここでしか観れない国内ドラマがある



『dele(ディーリー)』ってどんなドラマ?あらすじとキャスト・スタッフ

『dele(ディーリー)』の紹介

本作の主人公・坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事。しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、クライアントの人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれていくことに…。そう、本作が扱うのはほかでもない、《日本ドラマ史上初の題材》にして《今もっともタイムリーな題材》=「デジタル遺品」だ。デジタルデバイスに個人の人となりが詳細に残ってしまう現代。誰もが一度は、こう考えたことがあるのではないだろうか。「自分が突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか」と――。そんな、すべての人にとって大きな懸念材料となっている題材を基盤に、『dele』は多彩な人間ドラマを1話完結型形式で創出していく。

出典:『dele(ディーリー)』公式HP


『dele(ディーリー)』のキャスト・スタッフ

キャスト

坂上圭司:山田孝之
真柴祐太郎:菅田将暉
坂上舞:麻生久美子
片山薫:江口のりこ(第1話ゲスト)
牧野仁志:般若(第1話ゲスト)
宮内詩織:コムアイ(水曜日のカンパネラ)(第2話ゲスト)
春田沙也加:石橋静河(第2話ゲスト)
江角幸子:余貴美子(第3話ゲスト)
日暮裕司:野田洋次郎(RADWIMPS)(第4話ゲスト)
楠瀬百合子:橋本愛(第5話ゲスト)
宮田翔:渡辺大知(黒猫チェルシー)(第5話ゲスト)
沢渡明奈:柴咲コウ(第5話ゲスト)
石森純子:山田愛奈(第6話ゲスト)
笹本清一:塚本晋也(第7話ゲスト)
上野兼人:Mummy-D(第7話ゲスト)
仲村毅:麿赤児(最終話ゲスト)
辰巳仁志:大塚明夫(最終話ゲスト)


スタッフ

原案・パイロット版脚本:本多孝好
脚本:本多孝好、金城一紀瀧本智行、青島武 、徳永富彦渡辺雄介
監督:常廣丈太、瀧本智行
音楽:岩崎太整、DJ MITSU THE BEATS



『dele(ディーリー)』のおすすめポイント

数々の賞を受賞した現代名作ドラマ

山田孝之、菅田将暉の出演者はもちろんのこと、作品・監督などギャラクシー賞、ザ・テレヴィジョンドラマアカデミー賞など数々の賞を受賞した作品だけに、その内容は間違いありません。

さらに複数の脚本家による競作、ミュージシャンや作家・映画監督など多岐にわたる分野から起用されており、地上波のあたりさわりのない人たちじゃないので、とても新鮮に感じられる。(笑)

毎回パソコンに削除依頼が届き、菅田将暉が死亡確認に出向き、そこから話が展開されていくというパターンだけど、たまにアクション、ちょっぴりミステリー、その中にもしっかり人間ドラマがあり見ごたえがあった。

シーズン2に期待!



『dele(ディーリー)』のTwitterでのみんなの反応




ぼっち
ぼっち

ほかにも気になる作品があれば、動画配信サービスでの視聴はおススメですよ♪
以上、『dele(ディーリー)』の紹介でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました